FC2ブログ
 

ファンタスティックヒストリー 超島原幻闘録 ~柳生十兵衛地獄変~ 第3章 - 5

 「鎌倉の幕府は何所(いずく) 将軍の営所は何(いず)ら 朝日照る東御門(ひがしみかど)に 麥(むぎ)の芽の芽生えは青く 夕日照る西御門(にしみかど)には 赤土(あかつち)の畝(うね)こそ続け 春の風海より吹くに 土埃(つちぼこり)軽く舞い立ち 照れる日に見えて漂う此の跡所(あとどころ) 武士(もののふ)の亡(ほろ)びし跡の寂しさに まされるはなし 残る物の無き…」明治時代の国文学者、窪田空穂(くぼたうつぼ)の詩である。今回は東海道を少し逸れて神奈川の三浦半島の付け根、此処は大仏が見守る鎌倉。鶴岡八幡宮に参拝し源頼家の子、公暁(くぎょう)に因る源実朝の暗殺劇とそれを見て居た大銀杏を見上げて思いを馳せながら触れてみる。(落雷に因り今現在は無い。)そして由比ヶ浜から東海道に戻る所、江ノ島を望む七里ヶ浜の辺りはあの源義経に因る頼朝宛の情に訴える手紙で有名な腰越(こしごえ)。更に江ノ島の向こう側は茅ヶ崎(ちがさき)、三浦半島には戦国期に「討つ者も 討たるる者も 土器(かわらけ)よ 砕けて後は 元の土くれ」いきなり関東に降って湧いた得体の知れない北条一族(初代本名、伊勢新九郎盛時で存命中は北条を名乗って居らず二代目氏綱から北条を名乗る。)を相手取って善戦した三浦義同(みうらよしあつ)、義意(よしおき)親子が居た。…「古(いにしえ)の 猛者(もさ)を偲びて 鎌倉の 夢の宴に 花の散るらん」相模湾を眺めながら呟いてみる。なあに、俳句短歌の厳しい決まり等、そも庶民の歌垣から始まった現在で言う所の「日本版ラップ」の事である。増して先述の「討つ者も~」の三浦義同の辞世の句に季語等は入って居ない。575若しくは77に成って居れば良いのだ。俳句短歌の原点とはそんな物だったのである。お参りを済ませ東海道に戻る、今度は藤沢。
 早速見えて来たのが遊行寺。正式には藤沢山無量光院清浄光寺(とうたくさんむりょうこういんしょうじょうこうじ)、伊予国愛媛県出身の一遍智真の「踊り念仏」で知られる時宗総本山。四代目呑海(どんかい)に因って1325年に建立。湘南の海と江ノ島が見える。
 「源義経の首洗い井戸」が見えて来た。此の近くに白旗神社と云う神社が有る。そも此処には寒川比古命(さむかわひこのみこと)が祭られて居たが義経が死んでからその首級が此の地に葬られたと云った伝説に因り合祀される様に成ったとの事。
 少し海岸沿いの茅ヶ崎を通って居ると南湖左富士が見えて来る。京都へ向かえば富士は普通右手に見える筈であるが此の辺りは珍しく左側に富士山に似た綺麗な形の小さい山が有る。
 少しだけ北側の内陸部へ向かえば矢鱈と目立つ巨大な銀杏の木が見えて来る。鶴嶺神社である。1051年の前九年の役の戦勝祈願に源義家が自らの手で植えたとされる。神社裏の竜前院には源頼朝の所に仕えて居た大庭景義の墓が有ったりする。此処にもお参りをする三厳。
 相模川を渡り平塚へ。西を望めば京都、そして島原は未だ遠い。
スポンサーサイト




ロベルタ中尉@ジオン公国
(2018/05/20)


今回は、鎌倉の辺りの話ですね^^
前回の横浜から鎌倉までは、今は電車でササッと行けてしまいますが、昔はやはり遠かったんでしょうねぇ・・・
これは、九州まではまだまだ、遥かに遠いですねw

中学生の頃は、『俳句』や『短歌』は季語のある物、『川柳』が季語の無い物と教わりましたが、未だ違いがよくわかりません^^;
でも「和製ラップ」という表現は、面白いですね^^

☆西郷隆盛☆
(2018/05/20)


こんばんは。今回も御世話に成りますw。<(_ _)>そうなんです。俳句は575で短歌が57577だそうでw。プレバトで夏井いつき先生が季語とか難しい話をされますけど元々「庶民の歌垣」が原点で思い通りに乗りに合わせて詠めば良かったのですw。先ずは「乗り」を楽しんで興味を持って貰ってから最終的に先生とTVで他人の句の評価をするにはいろいろな決まりを覚えましょうと厳しい話をされるのでしょうね。TVに出ない人は趣味の域を出ないで嗜めば良いでしょうw。結構楽しいので個人的には決まりを覚えたいです。奥が深いwww。^^

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

ガオ

Author:ガオ
 宮崎の者で御座います。
 個人的に調査をした事を発表して居りますブログです。
 令和3年7月です。22日は海の日、23日スポーツの日から東京オリンピックが始まる予定です。
 引き続き健康第一!マスクにうがい、手洗いをどうか、宜しくお願い申し上げます。<(_ _)>

フリーエリア
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR